どうやって良い店を探すのか? その2

 

まず、店の入り口に立ち、1呼吸….。フォースを感じる。

良い気分になれば、店に入り、ダークフォースを感じたら入らない。

つまり、『魚臭いかどうか』チェックする。

実はそれだけでいい。

魚くさく腹痛を起こしやすい食べ物が、庶民に親しまれる食べ物になりえるだろうか?

<魚の臭みとは?>

魚の細胞内にあり大量に含まれる「トリメチルアミンオキサイド(アミノ酸)」「細菌の持つ酵素」が分解。

魚臭いガス「トリメチルアミン」が発生。

細胞を変色させ、腐らせる。

 

江戸の鮨職人は、腐敗の原因であるトリメチルアミンオキサイド」を細胞の中から抜くことで、

腐敗や食中毒が防ぐことや長期保存を可能にし、食物の安全を高めた。

このすしの秘密がわからない限り、当然、美味い鮨は握れない。

何故ならば、魚の旨味と関係しているからです。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です