カテゴリーアーカイブ: Sushitactics

  まず、店の入り口に立ち、1呼吸….。フォースを感じる。 良い気分になれば、店に入り、ダークフォースを感じたら入らない。 つまり、『魚臭いかどうか』チェックする。 実はそれだけでいい。   何故なら、 <魚の臭みとは?> 魚の細胞内にあり大量に含まれる「トリメチルアミンオキサイ…

続きを読む

N: 「すしを作る上で重要な事ってなんですか?」と、ある時、店である寿司学校の卒業した生徒さんに質問されたことがある。 私:  『なんでそんな質問すんの…? それを習いに行ったんじゃないの?』 生徒: 「….。海外で暮らすために、習いにいったのですが、やれる自信がなくて…。』 N: ここまでは、夢と…

続きを読む

    鮓 「すし」を表す漢字として最も適切とされ、中国で魚を長期保存するために生まれた「熟鮓」が原点と言われ、、炊きあげた穀物のなかに魚を詰め込み乳酸菌発酵させる保存技術(乳酸菌は腐敗菌を攻撃するため腐りにくい)が、平安時代に日本へ伝わったとされています。 でんぷん質が分解され…

続きを読む

私が20代の頃、 『現代人の味覚がバカになっているから…。』 と言っていた一回り以上年上の職人数名と口論(胸ぐら掴み…)になった。   世間では『現代人の味覚がバカになっている』という人もいるが、そんな時、 『人類滅亡しているのか?』 と私はいつも言う。 みなさん学校でも習ったかと思います…

続きを読む

    平凡社 昭和33年発行の飲食事典です!   江戸から『寿司』が使われてたら、 昭和33年発行の飲食事典に、『寿司』の文字がないのは何故でしょうか? 因みに、国立図書館に行って古い事典を何冊か見てみましたが、『寿司』の文字がない…。 まっ!私が言いたいのは、江…

続きを読む

5/7